ホーム>コラム>研究開発>共同研究の内容が記念誌に掲載されました
研究開発

共同研究の内容が記念誌に掲載されました

おんが・おかがき病院創立10周年記念誌.jpg        記念誌感染症対策.jpg        記念誌キエルキン.jpg

 

医師会おんが病院、おかがき病院の創立10周年記念誌にて、キエルキンの共同研究をご紹介いただきました。

杉町圭蔵院長は元九州大学の医学部長で、医療界では名外科医としてだけではなく、赤字経営の病院を建て直す敏腕として知られています。

3年前にキエルキンのプレゼンをさせていただいたのですが、「コストと安全性、殺菌力のバランスがすばらしい、医療費の削減に必ず付与するものだ」との評価をいただき、共同研究が始まりました。

その結果は感染症学会などで発表され、今では医療界でも知られる存在となってきております。このようなチャンスをいただいた杉町先生、また実験に親身になってご協力頂ける末廣副院長、看護師の方々には本当に感謝しております。

このチャンスを活かして、きっちりと結果を出し続け、我々の目標である「集団感染のない社会」を実現すべく努力していく所存でございます。これからも皆様の応援、よろしくお願いいたします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.radical-labo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/18

ページの先頭へ戻る