ホーム>コラム>感染症

感染症

なぜノロウイルス対策は徹底できないのか その②

2017年3月16日の食品衛生審議会食品衛生分科会食中毒部会において、大量調理施設衛生管理マニュアル改正案について話し合われ、「ノロウイルス検査の努力義務」が追記されたなど、改正案は大筋で了承されたものの、複数委員から高コストな検便検査など対策の実効性を疑問視する声が上がりました。また今村知明委員(奈良県立医大)は「もはやノロウイルスは食中毒対策では限界がある」と強調し、感染症として取り扱うことを厚労省に求めました。

難しい話ですが、この内容のポイントは2つです。

①ノロウイルスは検出が難しい。可能ではあるが、はっきりその有無を確認するためには高コストである

②ノロウイルスを食中毒という範疇ではなく、感染症扱いにしてほしい
 
まず①から。
大量調理施設では調理従事者に月1回以上の検便検査を求めていますが、その内容はサルモネラ、赤痢、O-157など数種類を含んでも1回につき1000円ちょい(検査会社によります)です。しかしながらノロウイルスに関してはたった1種類でその4~10倍のコストが生じます。
 
これにもいろいろ理由がありますが、まずノロが菌ではなくウイルスであるということです。例えば菌であれば、検便サンプルを処理して適切な培地で培養することによって目的の菌がいるかどうかわかります。しかしウイルスとなればそうはいかず、ウイルスの遺伝子を人為的に増幅させ、その存在を確認しなければなりません。
 
ウイルスによってはウイルスごと培養することも可能なのですが、さらに残念なことに人類はノロウイルスの培養技術をまだ持っていないのです。
 
またノロウイルスは少ない数でも感染できるという特徴を持っているので、発症前のさらに数が少ない時などは、いよいよ発見が難しくなってしまいます。
 
コスト高、発見が難しい、人工培養できないなど、様々な要因からノロを事前に検出するというのは非常に難しいのです。
 
 
次に②ですが、そもそも食中毒と感染症の違いはなんだと思いますか?
 
「食材を通じて感染するもの」が食中毒で、「人(もしくは動物など)から人へ感染するもの」が感染症です。
 
ご存知のようにノロウイルスは牡蠣などの二枚貝を食することで感染しますので、食中毒で間違いないわけです。
 
それでは食品加工場でのノロウイルス混入、これはどうでしょうか?そもそも貝を扱っていない箇所になぜ発生するのでしょうか?これは従事者がどこかで感染して場内に持ち込み、そこから食材に接触することにほかなりません。
 
その食品加工場で買ったものを食べたのだから食中毒でしょ?いやいやそもそもは従業員が感染していたものだから感染症でしょう?ノロの線引きが揉めている理由はここなんです。実はノロウイルスは厚労省からは感染症と定義されており、感染症法で定点報告義務のある5類感染症に属しています。なので厚労省に求めるまでもなく、そもそも感染症として扱われているのです。すなわちノロウイルスは食中毒の原因でもあり、感染症の原因でもあるのです。
 
 
これを見てるみなさんは「いやそんなことどっちでもよくない?」と思われているかもしれません。いやいやこれ、食品製造の立場から言えばえらい違いなんです。
 
 
食中毒と感染症で本当に我々が知るべき違いは「責任が求められるか否か」ということなのです。
 
食中毒を発生させると、まず社会的責任が発生します。ご存知のようにメディアに報道され、社会的な信用が失われ、廃業に追い込まれる可能性もあります。
 
また行政処分として、食品衛生法に基づいて営業の停止もしくは禁止、営業許可の取り消し、商品の自主回収や廃棄などの不利益処分が課せられます。
 
民法やPL法に基づいて被害者から損害賠償を請求される可能性もあります。
 
さらに刑事上の処分として、食品衛生法違反として3年以下の懲役または300万円以下の罰金に処せられる可能性があります(食品衛生法71条)。また、業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させたことになりますので5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処せられる可能性があります(刑法第211条)。
 
食中毒って大変ですね。だからこそ「ノロウイルスは食中毒という範疇から外して感染症扱いにしてくれ。だって事前検出も技術的・費用的に難しいんだから」と厚労省に訴えているわけです。
 
さらに悪いことにノロ自体が不活化が難しい部類のウイルスなんです。アルコールを一生懸命かけたところでいっこうに不活化できないし、石鹸で手を洗ったところで無駄です(洗い流せますが不活化はできません)。
 
静岡県給食協会にて2年間キエルキンを学校給食製造工場すべてで採用頂きましたが、その間、静岡県では学校給食由来のノロウイルス集団感染は1件も起きませんでした。事前に給食加工場の責任者を集めて使用方法の徹底を呼びかけたのも功を奏したのかと思います。
 
キエルキンが外されたあとの3月にまたノロウイルス集団感染が起きたときには非常に悲しい気持ちになりました。
 
調理従事者の感染抑制、発見が難しいのであれば、現場で徹底的に叩くべきだと思います。
 
食中毒から外すべきかどうかの論議ではなく、いかに正しい運用をしていくかということが優先される社会であってほしいと思います。
 

電子マネーと感染症の意外な関係

電子マネーの普及で疾病が減る・・・そんなデータが近々出てくるかもしれません。

 

お札は不特定多数の人が触ります。その人たちの衛生意識は様々ですので、そこには目に見えない菌が付着しています。

 

この調査(http://www.atpress.ne.jp/news/36512)によると、別々の箇所で集めた1000円札10枚のうち、2枚にはセレウス菌が付着していたという恐ろしい結果が出ていました。

 

セレウス菌・・・聞き馴れない名前かもしれません。しかしながら厚生省より「細菌性の食中毒要因物質」として指定されています。

 

この菌の恐ろしい特徴は、アルコールが効かない(一般的な家庭用消毒剤も効かない)、加熱しても殺菌できない(90℃ 60分の加熱でも死なない)ことにあります。このような菌は実は多数あり、「芽胞菌」と呼ばれております。

 

芽胞菌は抗生物質も効くものが限られており、感染した場合に原因を見誤り、投与する抗生物質を間違えると消化器官内で増殖してしまい、さらなる感染拡大を引き起こすやっかいな存在です。2013年には国立がん研究センター中央病院にて、セレウス菌が原因で2名の死者が出てしまいました。

 

アルコールも無駄。加熱も無駄。このような耐久性の高い病原性細菌がお札経由で2割もの紙幣から検出されたことが驚きです。

 

昨今カード払いや電子マネーでの支払いが増えており、現金の利用機会が減って行くものと思われます。今まで気づかぬうちにお金経由で伝播していた感染症が最近減ってきたというデータが出てくるかもしれません。

 

しかしながら現金を使用する機会は必ずありますし、レジのカード読み取り部分には不特定多数が接触することには変わりありません。

 

残念ながらこの芽胞菌を消毒できて、かつ人体に安全なものは存在しません・・・ひとつを除いて!

 

キエルキンが医療機関に評価され共同研究にこぎつけた理由は、人体には無害な上に、「第三者機関にて芽胞菌についても30秒以内に除菌する」というエビデンスを取得したからです。

 

キエルキン、上手に使ってください!必ずやお役に立ちます!

 

 

 

死者が出ております:インフルエンザ脳症に注意

2/10 本日、インフルエンザ脳症で9歳児が死亡するというショッキングな報道がありましたので注意喚起の意味でご紹介させていただきます。
 
タイプは今年流行しているA型のH1N1型で、2009年に大流行して、脳症を多発したものと同じタイプになります。
 
脳症に感染すると無治療では30%、処置された患者でも8~9%の致死率で、後遺症率は処置後も25%と、重篤な疾患ですので注意が必要です(厚労省 インフルエンザ脳症ガイドラインより、下記リンク有)。
 
とにかく予防が大切です。加湿、空間ウイルス除去、感染拡大の原因となる箇所(ドアノブ、手すり、共用スペース等)の消毒を徹底して、感染防止に努めましょう。
 
↓インフルエンザ脳炎感染時の異常行動等、判別や対処法等が載っていますので是非参考にして下さい。
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/hourei/2009/09/dl/info0925-01.pdf
 
↓毎日新聞報道内容
http://mainichi.jp/select/news/20140211k0000m040033000c.html

麻しん(はしか)にご注意ください(特に妊娠中の方)

2013年末〜2014年初頭の2ヶ月の間に、61例の麻しんの感染が報告されております。これは昨年の26例の倍以上の数字です。
本来麻しんは春から初夏にかけて流行するものなので、これからの動向に注意が必要です。

麻しんウイルスは空気感染、飛沫感染、接触感染で非常に感染力が強く、免疫を持っていない人ではほぼ100%感染します。麻しんは年齢に関わらず、重篤になれば命に関わる病気です。感染すると約10日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。2~3日熱が続いた後、39℃以上の高熱と発疹が出現します。肺炎、中耳炎を合併しやすく、患者1000人に1人の割合で脳炎が発症すると言われています。死亡する割合も、先進国であっても1000人に1人と言われています。

一度感染すると一生感染しないとも言われております。また、麻しんにはワクチン接種が有効ですので、未接種の方は、早めに接種されることをおすすめします。

麻しんウイルス自体(モルビリウイルス属)自体は、限られた宿主(人であれば人に伝播)に感染し、血清型が同一(インフルエンザはそれが多様にある)であるため、ワクチン接種が極めて効果が高いと言えます。

最も注意すべき点としては、妊娠中はワクチン接種ができないということです。妊娠中に麻しんにかかると流産や早産を起こす可能性があります。麻しんワクチン未接種、または未感染の場合は人ごみを避ける等の注意が必要です。また、麻しん流行時に、同居者に麻しんにかかる可能性の高い方、例えばワクチン接種を受けていない方で、医療、教育関係、保育福祉関係、その他麻しんウイルスに暴露する可能性が高い方などがいる場合は、その対応についてかかりつけの医師にご相談ください。

また、ご家庭でできるウイルス対策をできるだけ徹底してください。麻しんウイルスは大変感染力が高い反面、モルビリウイルス属なので駆除自体はノロウイルスのように困難ではありません。感染経路の遮断、空間ウイルス対策、よく触れる場所などの消毒等を徹底して行って下さい。


参考サイト:
厚労省「麻しん(はしか)に対するQ&A」
厚労省/国立感染症研究所 感染症発生動向調査 感染症週報

オフィスに1人の感染者がいると50%の人が感染するという驚きの研究結果。

同じオフィスで働く80人のうち1人を疑似ウイルスに感染をさせると、どれくらいの早さでそれが拡散するか。そんな試験がアリゾナ大学のケリー・レイノルズによって行われました。

80人の被験者のうち、1人の手にインフルエンザ、風邪、胃腸炎の「疑似」ウイルスを付着させ、普段通りオフィスでの仕事をこなしてもらったのち、4時間後にオフィス内の各所、そして被験者全員の手指から疑似ウイルスの検出試験を行いました。

検査の結果、ドアノブやコピー機、キッチンといった共有スペース、そして驚くことに50%の人々の手から疑似ウイルスが検出されました。

我々は知らず知らずのうちに、いろんな箇所に手を置きます。そこがドアノブであれば、他の人も必ず手を触れます。こうやってウイルスは容易に拡散していきます。

さらに業務終了時に再度、全員の手指の拭きとり検査をした結果、風邪やインフルエンザなどの、外部環境では耐久性の低い疑似ウイルスはほとんど検出されなかったものの、構造的に強固な胃腸炎疑似ウイルスは実に全体の70%まで広がっていました。

筆者の計算の結果、3種類のうち少なくとも1種類のウイルスに感染する確率は40~90%であったと結論づけています。

せきやくしゃみなどの飛沫感染が感染経路と思いがちですが、手から手への感染がこれだけの速度と頻度で起こることは心に留めておかなければなりません。

感染症の流行る時期は、手洗いとマスクも重要ですが、共有スペースのこまめな除菌が大切です。
さらにノロなどの胃腸炎ウイルスは構造上強固で耐久性が高く、アルコール等では分解できませんので、適切な処置を行うようにしましょう。

 

参考サイト:http://uanews.org/story/germs-spread-fast-at-work-study-finds

ページの先頭へ戻る