ホーム>コラム>キエルキン

キエルキン

パナソニック「ジアイーノ」とキエルキンの空間噴霧の違いについて

最近お客様からよく表題の件の質問をいただきます。パナソニックさんがジアイーノを出してきたけど、キエルキン大丈夫なの?と。

 

同じ次亜塩素酸製品を大手がだしてきたら、うちは今後厳しくなるんじゃないかと。

 

ご心配ありがとうございます!キエルキン噴霧とジアイーノは
全くコンセプトが異なりますので大丈夫です!今回はその説明をさせてください。

 

まずキエルキンの空間噴霧ですが、超音波加湿器により強制的にキエルキンを飛ばし、部屋の隅々まで除菌、消臭を行うことを目的としております。

 

ジアイーノに関しては機器内で次亜塩素酸を発生させ、ファンによって風を当てて気化させながら除菌・消臭をするというシステムです。

 

①ジアイーノの有効塩素濃度は5-15ppm(キエルキンは50-80ppm) 

*10ppm前後では不活化の難しい菌、ウイルスは多数存在します。特に空間噴霧をすると塩素濃度は初期値より相当希薄になるので、さらに特定の菌、ウイルスに対して効果を出すのは難しくなるでしょう。

 

②ジアイーノは気化式により次亜を空間に放ちます(キエルキンは超音波式により強制的にミストを作り出します)。

*気化式と超音波式では加湿能力が全く違い、弊社試験では晴天日にておよそ気化式:超音波式=1:8くらいの差が出ました。気化式は外部湿度に依存しますので、湿度が高い日はほとんど気化することができません。

 

③ジアイーノの次亜塩素酸は弱アルカリ性で、次亜塩素酸の力をいちばん発揮できる弱酸性領域ではありません。

 

有効塩素濃度、加湿量、次亜塩素酸自体の強さ・・・
どのポイントでもキエルキン空間噴霧が劣るところはありません。

 

ジアイーノのよいところは塩タブレットを投入することで機器内で簡単に次亜塩素酸を作れることです。キエルキンのように弊社工場で作成して、毎回発送するという手間は省けます(ここは正直羨ましいところです)。

 

しかしながら機器内で次亜塩素酸を発生させるための装置が組み込まれているわけですが、10ppm前後という低濃度の次亜塩素酸を発生させるだけでも「数年に一回交換が必要である」とマニュアルに掲載されています(交換ごとにコスト数万円かかります)。交換しないと次亜塩素酸は発生しなくなるのでこれは必ず守らなくてはなりません。

 

また次亜塩素酸が水補給タンク内にはもちろんはいりませんので、マニュアルに「タンク内を毎日清掃」とあります(菌が発生するためです)。キエルキンに関してはタンク内にキエルキンを満たすため、雑菌は一切発生しないのでその必要がありません。

 

またジアイーノは「喫煙環境で利用できない」というのも次亜塩素酸の消臭力からすると非常にもったいないと思います。

 

このように製品としての方向性が全く違うこともあって、むしろ弊社としては、パナソニックさんという一流企業が次亜市場に触手を伸ばしてくれたことを嬉しく思っております。

 

科学に長けてない方にとっては、次亜塩素酸の有効性を理解することが難しいですし、信用の証で「ある大手での取り扱い」がなかったことから、市場規模を拡大するのが非常に難しいものでした。

 

そんな中、三洋電機さんが次亜に取り組み始め商品化し、それを吸収したパナさんが引き継いだ形で世に出してくれました。

 

プラズマ系加湿器を使用している方は多いと思いますが、現在の評価は正直厳しいところです。パナさんもナノイーを出しておりましたが、医学会から厳しい評価をいただいたところで今後はジアイーノにシフトしていくのかもしれません。
http://journal.kansensho.or.jp/Disp?pdf=0860060723.pdf

 

キエルキンの空間噴霧においてはハム製造会社大手2社(そのうち一社はプロ野球の球団をもっているところです)で試験をしてもらい結果を出し、医師会病院との共同研究によりその内容は外科感染症学会でも発表していただきましたので、疑う余地はないかと思います。

 

さんざん試験しましたが、医師会病院との共同研究では、「ある程度の次亜塩素酸の濃度がないと空間除菌はできない」という結果でした。それで弊社はこの濃度にての噴霧を推奨しております。

 

安全性に関しては200ppmという空間噴霧には使わないほどの高濃度での吸引暴露試験を第三者機関にて行いましたが、毒性なしとの結果も取得しております(ITR Canada study number 75434)。

 

弊社としてはジアイーノという製品を通して、もっと次亜塩素酸が普及してくれればと思っております。ドラッグストアに行くと、除菌剤として機能していないもの、機能していても安全性という面を鑑みると販売すべきでないものはたくさんあり、悲しくなります。

 

様々な薬剤の研究開発に携わってきましたが、弱酸性次亜塩素酸ほど強力な除菌力をもち、虫も殺せないほどマイルドなものは他に存在しません。

 

多量の有機物がない条件であれば、例えば手すりやテーブルの上、おもちゃや食器の除菌などは弱酸性次亜塩素酸一本で済みます。それくらい優れたものなのです。

 

これからも実直に弱酸性次亜塩素酸の有効性を訴え、普及に努めてまいります。

これからもどうぞ宜しくお願い致します。

キエルキンがローソン様の店舗備品として採用された理由は・・

 

201762115382.jpg
2017621165634.jpg

 

 

ローソン様店内備品として導入されて半年が経ちました。様々なハードルをクリアして導入が決定したのですが、一番大きかったのは女性経営者の声です。

店舗ではアルコールで消毒をしているのですが、やはりそれだと手荒れをしてきます。
手荒れの切り傷、ヒリヒリと痛いですよね・・・そこにアルコールでさらにヒリヒリが増します。さらに手荒れの傷口は病原細菌の温床となり、そこから食中毒が広がる原因となります。

あまり知られてませんが、病院の手術室には手に傷のある看護師は入室することさえできません。

そこでキエルキンの導入がローソン女性経営者の会で検討されました。白熱する会議の様子はヤフーニュースにも取り上げられました。家事に多く携わり、また子どもと接する機会が多いお母さんににとって手荒れは大きな問題です。

キエルキンは手荒れがしないことでも共同研究先の病院で大きな評価を得ています。

ローソン様では様々な検討・検証の末、導入されることが決定されました。

 

もう一つは食中毒の問題です。コンビニではレジ横で惣菜を多く取り扱い、食品に直接触れる機会が多いのです。

そこで問題となるのがノロウイルスです。

ノロウイルスは基本的にアルコールが効きません。最近は効く(と言われる)アルコールが出てきましたが、問題は「どれだけ短時間で効くか」ということに尽きるかと思います。

ローソン様でもすでにそのアルコールが導入されておりましたが、ローソン様にて第三者機関に「ノロに効くアルコール(写真右の黒塗伏字にしてあるほうです)」と「キエルキン」を同時に委託試験した結果、キエルキンのみが30秒以内にノロ代替ウイルスを不活化するという結果を得ました。

世の中にはノロに効く!という薬剤がありますが、どれくらいの濃度でどれくらいの時間で効くか、というところに注目してください。具体的な殺菌・不活化時間などのエビデンスがないものが多く存在します。キエルキンが評価をいただける理由はここにあります。

今後も皆様の期待に応えるクオリティを保ち、皆様のくらしに貢献してまいりたいと思います。


 

置き型二酸化塩素とキエルキン噴霧の違いについて

先日のニュースにて、消費者庁が「二酸化塩素を利用した空間除菌を標ぼうするグッズ販売業者17社に対する景品表示法に基づく措置命令について」を発表しました。

 

 置き型二酸化塩素については2010年にも独立行政法人国民消費センターより効果の継続性等々について疑問符が投げかけられておりました(http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20101111_1.pdf)。以上内容については弊社でも把握しておりました。

 

 二酸化塩素は次亜塩素酸(キエルキン)と同様、ラジカル反応により対象物を酸化分解します。このような物質の特徴として、自身より酸化還元電位の低いものが周辺にあるとその力を失う、という特徴があります。即ち、空気に含まれる菌や有機物、酸素等の、二酸化塩素より酸化還元電位の低い物質が酸化対象となりますので、二酸化塩素はどんどんその力を失っていきます。

 

 メーカー側としては、ゲルに含ませておけば芳香剤同様に成分を徐放して、長い期間殺菌成分を飛ばし続けるだろう、という事だと思いますが、芳香成分とラジカル物質は全く異なったものであり、同様な挙動は期待できません。

 

 まずあの製品容積では包括できる総量自体が少なすぎることがあげられます。芳香成分が感覚に「よい香り」と訴えかけるのに必要な量と、ラジカル成分の除菌に必要な量が異なります。またラジカル種は反応が大変早く、放たれると同時に空気中の成分と反応して次々に無効化され、部屋全体の殺菌効果を期待する事は難しいのです。これはプラズマ系加湿器にも同様のことが実験により示唆されています。(http://www.radical-labo.com/contents/upload-docs/2014217111745.pdf)。

 

 以上を踏まえて、弊社はキエルキンを噴霧器により水粒化して、それを器としてラジカル種である次亜塩素酸を遠くに運ぶ、という手法をとっております。次亜が入った「水粒という器」は噴霧器がオンである限り絶え間なく、一定濃度で室内中に放出されます。それが部屋の隅々まで届き、除菌作用が発揮されていることは2012年に某食品製造会社がキエルキンを用いて行った実験により実証されています。また、2013年4、5月に福岡県の遠賀中間医師会おんが病院との共同実験により、HCUにおけるキエルキン噴霧で、1時間で4割の空間の菌を減らしたという実験結果が出ており、第26回 日本外科感染症学会総会にて末廣剛敏副院長により発表済みです(http://www.med-gakkai.org/26jssi/pro/pro-02.pdf)。さらに、同病院における2014年3月の実験において、霧化キエルキンと空気を、一定容量の筒内を約10秒通過させる事で、菌量がおよそ9割減らせる事を実証しました。

 

 以上より、置き型二酸化塩素製品とキエルキン噴霧による除菌は全く異なることを通知させて頂きます。

静岡県給食協会に同行してキエルキン使用方法の説明を行いました

2014314141437.jpg
2014314141358.jpg

 

 

県給食協会に同行させて頂き、給食用のパン工場へ。
キエルキンの使用方法などを説明させて頂きました。

工場の衛生担当者様も意識が高く、いろいろな質問も頂きました。
まだまだアルコールでノロ対策ができると思っている方もいらっしゃるので、その辺りの共通認識をしっかりさせていくことが大切だと感じました。

 

これからも関係機関と連携しながら、適切な除菌方法の普及に努めてまいりたいと思います。

 

キエルキンと他の次亜塩素酸は何が違うの?

キエルキンは、純水に食品添加物グレードの次亜塩素酸ナトリウムと塩酸を、弊社で設計した機械で特殊混合して作られています(弊社で製造した次亜塩素酸生成機は、実際に食品加工会社にて食品洗浄に使われています)。

 

こうして作られたキエルキンには、「次亜塩素酸」もしくは「次亜塩素酸イオン」しか入っておりません。お母さんが大切なお子様の食べものにはこだわるように、キエルキンもお子様への使用を想定して、ただひたすらに安全性を追求しております。

 

そのため、キエルキンは長持ちしません。それは「無添加の食品」に通ずるものがあります。製造コストもかかりますし、大量生産にも向いていません。しかしながら、得体の知れない保存料が入っている、大量生産された安価な食品を安心してこどもに与えることができるでしょうか?

 

キエルキンはそのような視点を大切にして作られています。

 

除菌やウイルス分解は当たり前。それ以上のQOLをお客様に届けたい。次亜塩素酸の中でも唯一無二のグレードであることを自負しております。それは何故弊社だけが医師会病院から共同研究を許され、メディアに取り上げられるかということからもご理解頂けると思います。

ページの先頭へ戻る