ホーム>キエルキンとは

キエルキンとは

キエルキンってなあに?

この世にいろんな除菌剤、消臭剤、ありますね。さて、どれを選んだら良いかわからない。
菌にはこれ、ウイルスにはこれ、においには・・・と、いろいろ準備しなきゃいけないの?どれがどれに効くのかもわかりませんよね。

 

img

そこでお役に立つのがキエルキン!

どんなところでもコレ1本でオッケー!除菌、
ウイルス分解、消臭、生活のあらゆる場面で
活躍します。

 

2014124164159.jpg

手を洗った後は必ず、キエルキンを
吹きかける除菌習慣。

2014124164214.jpg

洗ったまな板・包丁にたっぷり
吹きかけ、その後水洗いして
しっかり除菌。

2014124164228.jpg

布巾の除菌にも。洗った布巾に
たっぷり吹きかけて使用して下さい。

2014124164254.jpg

食卓やテーブル、座布団の除菌にも。
直接吹きかけ、布巾等で
拭きとります。

201412416437.jpg

排水口のニオイ、カビ予防に。
キッチンやお風呂場、洗面所の
気になる箇所に直接
吹きかけて下
さい。

2014124164321.jpg

冷蔵庫のお掃除、消臭に。
キエルキンを吹きかけて、
布で拭きとります。

2014124164341.jpg

赤ちゃんのおむつ交換時などの
除菌・消臭に。汚れを拭いたおしりに
吹きかけ、布等で
やさしく拭きとります。

2014124164418.jpg

おしゃぶり・哺乳瓶の等の除菌、
ウイルス除去に。キエルキンを
吹きかける、
または浸け置きしたのち、
洗い流してご使用ください。

2014124164433.jpg

ドアノブは感染症の伝播経路と
なりやすい箇所です。
キエルキンを吹きかけ、
布でよく拭き上げましょう。

2014124164449.jpg

靴やブーツの中にキエルキンを
吹きかけ、雑菌の繁殖を抑制し、
さらにニオイの原因物質を分解、
除去します。

201412416454.jpg

便座に直接吹きかけることで
除菌・消臭。

2014124164517.jpg

花瓶の水にキエルキンを加えると、
水が腐りにくく取り替えが
少なくて済みます。

 

なんだ、ただのオールマイティか。
それならそれぞれの専門の薬剤にはかなわないんじゃないの?
そう思われるかもしれません。

 

201412418437.jpg

 

 

①ハンパない除菌力、ウイルス分解力

img

 

もちろん根拠のない思い込みではありませんよ!第三者機関にて証明もとっております↓

 

20141241965.jpg

 

201412419638.jpg

 

201412419716.jpg

 

 *試験委託機関:静環検査センター、日本食品分析センター

 

 

②ハンパない消臭力

2014124165919.jpg

 

201412419754.jpg

尿、あせのにおい

201412419826.jpg

卵が腐ったようなにおい

 

201412419843.jpg

野菜が腐ったようなにおい

201412419857.jpg

魚が腐ったようなにおい

 

③花粉などのアレル物質もすばやく分解

2015113165549.jpg

スギ花粉アレルゲンも1分で99%以上分解・除去。
*東京環境アレルギー研究所調べ

201412419414.jpg

 

 

おわかりいただけましたかこの実力・・・
これらをすべて兼ね備えたものって、他にありますか?

 

 

20141241746.jpg

 

④果てしなく安全

201412417455.jpg

 

もちろん「理論上安全」というだけではありません。
しっかり委託試験も行い、安全性を確認しております。

 

2014124193829.jpg
2014124193847.jpg

 

左:200ppmのキエルキンを吸入した場合に呼吸器や全臓器に毒性があるかどうかの試験
右:ヒトに対する発がんのリスクと生殖細胞に対する遺伝的障害を予測するための試験
*ボゾリサーチセンター調べ

 

いずれも陰性で、安全であることを示唆する結果を
得ております!

 

そうです、キエルキン最大のメリットはズバリ「安全性」なのです。

 

その安全性でいちばんわかりやすいこと・・・それは

3ヶ月もおいておくと水にもどってしまう

ということです。

 

2014124194610.jpg

 

この世の薬品で、水に戻ってしまうものってありますか?

だいたい保存期限すぎても、ちゃんと薬品は薬品のにおいが
しますし、下手すれば半永久的な殺菌効果もあります。

そういうものはどこで使っても残留する可能性が高い。

ましてや赤ちゃんのいる環境などでは絶対使いたく
ありませんよね。
 

 

2014124175912.jpg

 

しかし「時間が経つと水に戻る」ということが「安全性の証明である」
ということがなかなか理解してもらえずにいました。
やはり「いつまでも使える」という利便性が重視されてしまうんですね。

 

20141241808.jpg

 

おんが病院・おかがき病院 杉町圭蔵統括院長 略歴
九州大学医学部博士課程修了。アメリカ合衆国ハーネマン医学大学一般外科へ留学、九州大学教授を経て、
同大学医学部長に就任。


昭和38年3月     九州大学医学部卒
昭和46年4月     九州大学医学部附属病院(第二外科)助手
昭和49年1月     医学博士の学位取得
昭和51年7月     アメリカ合衆国ハーネマン医科大学一般外科へ留学
昭和52年8月     九州大学医学部講師に併任(第二外科)
昭和53年6月     九州大学医学部附属病院講師(第二外科)
昭和58年4月     九州大学医学部助教授(第二外科)
昭和60年8月     九州大学医学部教授(第二外科)
平成7年12月     九州大学医学部長
平成11年4月     第99回日本外科学会会長として総会を主宰
平成14年4月     公立学校共済組合 九州中央病院 院長 九州大学名誉教授
平成22年4月     遠賀中間医師会 おんが病院 統括院長

 

「現状全てのウイルスや菌を分解・除去できる能力、そして患者や医師、
看護師を避難させることなく安心して使えるもの」
というところが評価され、
医薬品でもないキエルキンの医療現場最前線での実験を受け入れて頂きました。

 

その様子はメディアにも注目され、報道番組にて取り上げて頂きました。

201412418210.jpg

 news 5ちゃん

201412418240.jpg

 news 5ちゃん

 

201412418315.jpg

 今日感NEWS

201412418328.jpg

 今日感NEWS

 

また、「キエルキンが安全だからこそできる実験」として、巨大な噴霧器を使った空間噴霧にて、
医師や看護師が出入りするという医療現場でどれくらい浮遊菌を減らせるか、という実験を行いました。

201412418424.jpg

news.everyしずおか

201412418440.jpg

news5ちゃん

2014124191018.jpg

日本外科学会雑誌Vol.10(5)2013

 

 

実験しながら、「さすがに人が出入りする環境の
滅菌は(人の移動ともに菌も出入りするので)
難しいのでは・
・・と思いましたが、そのような
環境でも「空気中の雑
菌を4割減らす」という想
像以上の結果が得られました。


その結果は第26回日本外科感染症学会でも発表さ
れ、驚きをもって日本中の先生方に受け入れられ
ました。

 

キエルキンは医薬品ではありませんが、次亜塩素酸自体の効果は厚生省の委託試験先である
「国立医薬品食品衛生研究所」でも認められています。

 

201412418720.jpg

new.everyしずおか

201412418736.jpg

new.everyしずおか

 

静岡市の焼津市にある老健施設の衛生担当者様が、new.everyの取材に対して

「キエルキンの使用をはじめてからノロウイルス、
インフルエンザの感染者が1人もでていない」

とコメントする様子が報道されました。

 

 

201412418840.jpg

モーニングバード

20141241891.jpg

モーニングバード

 

 

そして全国放送モーニングバードでは、

キエルキンを使用する横浜市の保育園などが取材され、

「キエルキンを使用した園でノロウイルス、
インフルエンザ発症ゼロを達成した」

と報道されました。

 

 

この報道をきっかけに、キエルキンの存在が全国に知れることになりました・・・
そこから出荷の嵐が始まりました。連日出荷終わらず、不眠不休の日々が続きました。

 

2014124181014.jpg

 news.everyしずおか

2014124181029.jpg

 news.everyしずおか

 

このとき多くの欠品を出してしまい、お客様に多大なる迷惑と、感染症に対する不安を与えてしまいました。このことを深く反省し、キエルキン生成機の生産効率の改良、出荷方法の見直しを行い、出荷体制を整えました。

 

そんな折、ショッキングな事件が起こりました。

 

静岡県浜松市の学校給食からのノロウイルス感染により、1200人以上の大規模食中毒が発生しました。
該当食品製造場はマニュアル遂行を徹底しており、衛生管理面でも厳しいところで、いわゆる「起こるべくして起こった」わけではない、ということでした。

 

静岡県給食協会はこの事例を受け、キエルキンの導入を決定しました。

201412418208.jpg

イブニングアイ

 

キエルキンの使用法のプレゼンを各給食センター様に聞いていただき、また実際に現場巡回を行い、現状の衛生状態、消毒方法などの確認を行いました。

 

201412418227.jpg

イブニングアイ

 

静岡県浜松市でのノロウイルスによる集団食中毒を受け、
弊社代表が県給食協会にて感染症対策について
発表しました。

2014124182247.jpg

実際に給食センターを巡回し、
衛生状態、方法を確認させて
頂きました。

2014124182316.jpg

 

2014124182625.jpg


齋藤寛 東海大学教授による次亜塩素酸の性状、
安全性に関する評価に関する講演、
医師会病院おんが病院 末廣剛敏 副院長により
病院内におけるキエルキン実施試験結果が
発表されました。

2014124191052.jpg

静岡新聞

自園で次亜塩素酸を除菌に活用して約一年になる保育園関係者が事例報告し、
「今期はインフルエンザの発症が1人で止まった。感染は広がらなかったのは初めて」
と効果の可能性を紹介した(以上記事より抜粋)

 

2014124182840.jpg

 

キエルキンの普及に向け、行政の後押しが得られるかもしれない、そんなところまできております。現在も県議、市議や関係機関と緊密に連絡を取りながら、使用方法の普及などに努めております。

 

そして世界を揺るがすエボラ出血熱の拡大

 


「なぜ現地にキエルキンを持っていかないの?」
「どうして助かる命を救ってあげないの?」
多くの人にそんな言葉を頂いておりました。

我々の名刺やキエルキンの箱には「どうしても消えない菌、ウイルス探してます。
どうかキエルキンに挑戦させて下さい」と謳っています。
それくらい自信はあるんです。

でも、キエルキンは医薬品ではないのです。
医薬品でもないもので国を超えて「エボラ対策として使って下さい」と言うのはとても難しいことなのです。

しかしながら我々は創業時を思い出しました。
製品づくりに妥協せず、本当にいいものを作って、世のために役立てていく。
そうやって辿り着いたのがキエルキンです。

いまこそその真価を試す時だ、そう確信したとき、リベリア共和国大使館に招聘されました。

 

2014124183054.jpg

左から2番目がヤンゴー・セベリー・テレウォダ大使。リベリア大使館にて撮影

 

大使館での会議では、まずキエルキンの実積や安全性、使用方法の
説明をさせて頂きました。内容を理解して頂いた後は、現実的な活用
に向けた方法論について話し合いました。

 まずは緊急措置としてキエルキンそのものを供給。ただちにリベリアへ送られました。
そして今後の展開として、キエルキン製造機ごとリベリア共和国に提供することを提案しました。
現地に生成機が置かれれば、必要に応じてキエルキンを大量生産することができます。

 

2014124191113.jpg

リベリア共和国大使館より頂いた感謝状

 

それに従い、現地から科学者もしくは医者を招聘する
ことを決定しました。キエルキンや生成機の機能を弊
社にて習得して、その技術を現地にて活用して頂くと
いう形で感染症抑制に貢献していきます。

今後,エボラ以外の感染症に対してもリベリアがどう
対処していくか、という将来的なことについても話し
合われ、弊社との長期的な情報交換や共同研究を行っ
ていきたいとのご意見も頂きました。

キエルキンの共同研究先である医師会おんが病院との

連携も含めて、より効果的な感染症抑制に関する研究
を進めて
参りたいと思います。


 

2014124192041.jpg

 

ページの先頭へ戻る