ホーム>年間を通じて大活躍>夏 食中毒の予防に!

夏 食中毒の予防に!

夏が来たぜヤッホー!となるのは人間だけではありません。

夏、ほとんどの菌にとって一番元気なシーズンです。

梅雨時から9月頃までは多くの菌が大好きな高温多湿な状態が続き、食中毒が多く発生します。腸炎ビブリオやカンピロバクター、O-157は、細菌による食中毒としてよく知られています。見た目や味、においでわかればいいのですが、その多くはそれらの細菌が増殖しても変化はありません。そのため、食事の準備をするときには、細菌が混入するのを避け、充分な加熱等を行う必要があります。

 

主な食中毒原因菌

 

20141215192813.jpg

写真:国立感染症研究所

腸管出血性大腸菌<O157など>
潜伏期は3~8日
症状 腹痛、下痢、血便
重篤な合併症を引き起こし、死に至ることも

20141215192925.jpg

写真:国立感染症研究所

カンピロバクター
潜伏期は2~5日
下痢、腹痛、発熱、悪心、嘔気、嘔吐、頭痛、悪寒、倦怠感
若齢者・高齢者、その他抵抗力の弱い者は重症化の可能性が高い

20141215192948.jpg

写真:国立感染症研究所

サルモネラ
潜伏期は6~72時間
激しい腹痛、下痢、発熱、嘔吐。
長期にわたり保菌者となることもある

20141215193027.jpg

写真:北海道大学
病原菌の構造生物科学

黄色ブドウ球菌
潜伏期は1~3時間
吐き気、嘔吐、腹痛、下痢
特に手荒れから食品に移行しやすい

20141215193041.jpg

写真:国立感染症研究所

腸炎ビブリオ
潜伏期は8~24時間
腹痛、水様下痢、発熱、嘔吐
河口部、沿岸部などに多く生息、魚介類に注意

*厚生労働省ホームページ「細菌による食中毒」より抜粋

 

さらにタチの悪い、加熱でも殺菌できない「芽胞菌」をご存知ですか?

 

 

 

img

img

写真:国立感染症研究所

セレウス菌
嘔吐型と下痢型がある。
嘔吐型:潜伏期は30分~6時間。吐き気、嘔吐が主症状。
下痢型:潜伏期は8~16時間。下痢、腹痛が主症状。
芽胞は90℃、60分の加熱でも死滅せず、家庭用消毒薬も無効

img

写真:国立感染症研究所

ウェルシュ菌
潜伏期は6〜18時間。下痢、腹痛
芽胞は100℃、1〜6時間の加熱に耐える

 *厚生労働省ホームページ「細菌による食中毒」より抜粋

この他にも、破傷風やバイオテロで使われる炭疽菌、院内感染のうち最も頻度が
高い疾患と言われているCD(クロストリジウム ディフィシル)も芽胞菌に属します。

 

 

20141215195012.jpg

 

この「芽胞菌・耐久型」が無敵すぎるんです!

20141215195210.jpg

 

2015113164129.jpg

 

20141215195642.jpg

20141215195925.jpg

 *試験委託機関:静環検査センター、日本食品分析センター

 

薬剤にも熱にも耐性がある芽胞菌・耐久型を含む
様々な食中毒原因菌を30秒以内に除菌するという
データを第三者機関より得ております!

 

201412152016.jpg

 

人体に無害で、反応後は水に戻りますので、
生活のありとあらゆる場面で安心してご利用頂けます。

 

 

2014124164159.jpg

手を洗った後は必ず、キエルキンを
吹きかける除菌習慣。

2014124164214.jpg

洗ったまな板・包丁にたっぷり
吹きかけ、その後水洗いして
しっかり除菌。

2014124164228.jpg

布巾の除菌にも。洗った布巾に
たっぷり吹きかけて使用して下さい。

2014124164254.jpg

食卓やテーブル、座布団の除菌にも。
直接吹きかけ、布巾等で
拭きとります。

201412416437.jpg

排水口のニオイ、カビ予防に。
キッチンやお風呂場、洗面所の
気になる箇所に直接
吹きかけて下
さい。

2014124164321.jpg

冷蔵庫のお掃除、消臭に。
キエルキンを吹きかけて、
布で拭きとります。

2014124164341.jpg

赤ちゃんのおむつ交換時などの
除菌・消臭に。汚れを拭いたおしりに
吹きかけ、布等で
やさしく拭きとります。

2014124164418.jpg

おしゃぶり・哺乳瓶の等の除菌、
ウイルス除去に。キエルキンを
吹きかける、
または浸け置きしたのち、
洗い流してご使用ください。

2014124164433.jpg

ドアノブは感染症の伝播経路と
なりやすい箇所です。
キエルキンを吹きかけ、
布でよく拭き上げましょう。

2014124164449.jpg

靴やブーツの中にキエルキンを
吹きかけ、雑菌の繁殖を抑制し、
さらにニオイの原因物質を分解、
除去します。

201412416454.jpg

便座に直接吹きかけることで
除菌・消臭。

2014124164517.jpg

花瓶の水にキエルキンを加えると、
水が腐りにくく取り替えが
少なくて済みます。

 

キエルキンボトル

 

アウトドアだから、衛生状態は仕方ないのかもしれないけど・・・
そんな心配をキエルキンできれいさっぱりなくして楽しみましょう!

 

20141215201627.jpg

夏と言えば、バーベキューですね。屋外で
調理をしたり、食事をすることも多くなる
かと思います。

20141215201643.jpg

バーベキュー台にも使用前にシュッシュ!
「熱するから大丈夫!」いやいや、芽胞菌
はそこらじゅうにいて、熱では殺菌できません!

 

2014121520178.jpg

アウトドアでは洗い場や排水場が確保できな
くて、どうしても汚れが残りがち。鍋や食器、
まな板、包丁なども洗った後に、また使用前
にシュッとして、かるく水で流しましょう!

20141215201724.jpg

ゴミ箱やゴミ袋もどうしてもその場で処理
できず臭くなってしまいます。ゴミを入る
とき、入れた後もシュッとすることで菌の
増殖をおさえ、においの発生を防ぎます。

 

20141215201750.jpg

キャンピングカーでの旅行も楽しいものです。
しかしキッチンが室内に設置されており、換気扇
もないため車内にそのにおいが
染みついてしまいます。

2014121520187.jpg

車内には座席だけではなく、カーテンや
ふとんといった洗えない布製品が多くあります。
そこで料理後などにキエルキンをシュッとひと噴き。
気になるにおいを残しません。

 

2015113164424.jpg

ページの先頭へ戻る